心に残るいろいろな出来事


by nobuyoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

76回目の誕生日

平成21年12月16日
今日76回目の誕生日を迎えた。思えば長く生きたものだ。
小学2年生で大東亜戦争が勃発し、6年生で終戦を迎える。戦争中は登校途中でも空襲警報のサイレンが鳴れば家に引き返す。落ち着いて勉強はしてなかったような気がする。夜中でも空襲警報がなれば、防空壕に入り、時には敵機が上空に来れば、田んぼの中で伏せる。紙にも不自由した記憶がある。
昭和21年女学校に入学したが翌年に現在の6・3・3制度が始まる。
戦争がなければ、それぞれ人の運命も変わっていただろう。

今、私たちは戦争のない幸せな日々を送っている。
炊飯器あり、洗濯機あり、レンジあり、冷蔵庫あり、便利な道具が沢山ある中で、忙しい~忙しいと言いながら1日が過ぎてゆく。何故こうも忙しいのだろう。父母たちの世代を思うと感謝あるのみだ。米粒が入っているかいないかのおかゆも母が着物と交換してきたお米だ。毎日、昔のお正月料理が、今、毎日の食卓に上っている。

感謝のついでと言っては申し訳ないが息子夫婦から誕生祝が届いた。毎年毎年感謝の気持ちをこめてとメッセージと共に送られてくる。  ”ありがとう”

c0068639_15294146.jpg



c0068639_15515087.jpg
c0068639_15531259.jpg


今日はある銀行さんからもお箸セットが届いたが、今までになくとても気に入ったのでアップする。
c0068639_155631100.jpg


今年は小学校から高校まで共に過ごした親友が9月に逝った。
ホスピスに入っていたが、亡くなる2日前に携帯が鳴ったがちょうど出ることが出来ず、その夜から何度も電話してみるが出ない。思い余って自宅に電話してみると、ご主人が出て”状態があまり良くない”といわれた。
最後の力を振り絞ってかけてきた電話であろうに、その携帯に出られなかったことが悔やまれて涙が出る。
いつもいつも私の心にひっかかっている。

今、高校生の孫息子の面倒を見ている。もう2年になるが、後1年3ヶ月、大学進学まで私の体が持つのだろうかと心配だが、こうして面倒をみているからこそ元気でいられるのだよと皆から言われる。この秋には圧迫骨折を患い、ベットから立ち上がる事も出来ない日々を過ごしたが、日常の家事はなんとかこなした。
もうしばらくの辛抱、頑張って家事、稽古事、パソコンとも仲良く付き合っていこう。
[PR]
by nobuyoko | 2009-12-16 16:46 | 日々 つれづれ