心に残るいろいろな出来事


by nobuyoko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:国内旅行( 27 )

久し振りの京都

c0068639_21314632.gif

長男夫婦から京都旅行に誘われて喜んで同行すると返事。この3連休を利用して慌ただしい旅となった。
京都駅近くのホテルで待ち合わせ。20数年前に行ったきりの京都、駅は連休とあってか人、人、人の波。
右も左もわからない京都駅に迎えに来てもらい、その夜はゆっくりと京都の春の懐石料理。
翌日、用のある長男は別行動、嫁と二人で伏見稲荷へ。タクシー乗り場は長蛇の列。電車を乗り継いで伏見稲荷到着。ここも人の波。カメラを持って出たのはここだけ。
c0068639_22273567.jpg

c0068639_2228772.jpg

c0068639_2231730.jpg

c0068639_22331986.jpg

京都の町を歩き、御茶屋さんでお菓子とお抹茶をご馳走になり、遅いお昼を済ませ夕食は長男達と待ち合わせ、駅前で鍋料理。今回は名所見物はあまり出来なかったが、美味しいものたべあるきの旅になった。
行きから孵りまですべて子供たちの世話になり本当にありがとう。
[PR]
by nobuyoko | 2016-03-24 22:57 | 国内旅行

久し振りの京都

c0068639_21314632.gif

長男夫婦から京都旅行に誘われて喜んで同行すると返事。この3連休を利用して慌ただしい旅となった。
京都駅近くのホテルで待ち合わせ。20数年前に行ったきりの京都、駅は連休とあってか人、人、人の波。
右も左もわからない京都駅に迎えに来てもらい、その夜はゆっくりと京都の春の懐石料理。
翌日、用のある長男は別行動、嫁と二人で伏見稲荷へ。タクシー乗り場は長蛇の列。電車を乗り継いで伏見稲荷到着。ここも人の波。カメラを持って出たのはここだけ。
c0068639_22273567.jpg

c0068639_2228772.jpg

c0068639_2231730.jpg

c0068639_22331986.jpg

京都の町を歩き、御茶屋さんでお菓子とお抹茶をご馳走になり、遅いお昼を済ませ夕食は長男達と待ち合わせ、駅前で鍋料理。今回は名所見物はあまり出来なかったが、美味しいものたべあるきの旅になった。
行きから孵りまですべて子供たちの世話になり本当にありがとう。
[PR]
by nobuyoko | 2016-03-24 22:57 | 国内旅行
c0068639_16201339.gif

今年第1号のブログです。お正月に子供たちが傘寿のお祝いに旅行を思い立ってくれました。私の兄弟や従妹たちにも呼びかけて東京から九州まで希望者総勢14名の旅でした。その中に傘寿2名喜寿1名古希1名のお祝いの会です。
1月1日 二男の赴任地福山駅に集合です。レンタカー二台に分乗して目的地菰隠温泉まで観光しながらの出発です。しまなみ海道の向島の向島国立公園高見山です。
高見山展望台から瀬戸内の島々の風景です。
c0068639_17953.jpg
c0068639_1795149.jpg

c0068639_17101262.jpg

c0068639_17153964.jpg

生口島からフェリーで岩城島小漕港着、菰隠温泉三洋倶楽部ホテルに到着ここで二連泊。
ホテルの部屋から朝日を・・・・電線が写っているのも気づかず陽が昇って来るところは雲がかかっていてうまく取れません。
c0068639_1730151.jpg

c0068639_17304531.jpg

一月二日
昨日の夕食も大変珍しいご馳走でしたが朝食後の抹茶とお菓子は格別でした。カメラを持っていかなかったことが悔やまれます。
10時ホテル出発、岩城島積善山展望台へ。駐車場から100メートル程歩くと展望台に到着。歳が歳だけに
このなだらかな勾配にも足がもつれる。長男が登り、下りの後姿を撮っていたが、その自分の姿に笑いが込み上げる。本当におばあさんだ。
展望台からの景観。
c0068639_20482483.jpg

c0068639_2048499.jpg

c0068639_20491870.jpg

岩城島小漕港を出て大島へ
大島亀老山展望台へ
c0068639_2121357.jpg
c0068639_2123782.jpg
c0068639_2125597.jpg

昼食はよしうみ生き生き館で海鮮バアベキュウ ごはんも美味しかった
c0068639_21271997.jpg

食事の後、この港(下田水港)から50分の来島海峡急流観潮船に乗り渦潮を見学に。しかし船からの渦潮を撮影するのは無理だった。
さて・・・昨日の続きです。
クルーズには合羽を着て防寒コートを着て万全の安全対策のもと出発。大きな造船所が数多くありました。
c0068639_2125297.jpg

このクルーズの海わいでは大きな渦潮を見る事はできませんがいくつもの渦潮が見られるそうですが写真にすることは難しく、カメラは海水を被るしなかなか写真は撮れません。
c0068639_2149317.jpg

今日の温泉は貸切だった。丁度女性たちの入浴時間でしたが、あわててカメラを取りに・・・・露天風呂から沈む夕日を撮ることができました
c0068639_21585589.jpg
c0068639_21591548.jpg

一月三日
朝、ホテルの部屋のベランダから海面を・・・
c0068639_2223499.jpg

ホテルを後に岩城島小漕港から大三島大山うじ神社へ
c0068639_2223578.jpg

天然記念物、樹齢2600年の楠
c0068639_22243988.jpg

天然記念物 樹齢3000年の雨乞いの楠
c0068639_22251031.jpg



神社初詣の後しまなみ海道を尾道へ
尾道国際ホテル和食処 四季亭であなごひつまぶし御膳の昼食。一昨年宮島に行った時、広島はあなごが名物と知った。
尾道から途中渋滞に巻き込まれたが福山駅へ。有楽町の火事の為新幹線は大幅に遅れ、福山駅はごったがえし。予約していた車両は相当遅れる模様。何とか乗れる列車にとこだま各駅停車で一時間半ほど遅れて帰宅。最後にトラブルに巻き込まれたが、本当に楽しい旅でした。計画してくれた息子たちと参加してくださった皆さん、本当にありがとう。気遣いと散財に感謝。
[PR]
by nobuyoko | 2014-01-19 17:40 | 国内旅行

お見舞いを兼ねて・・・

c0068639_13313730.gif

弟の病状があまり芳しくないと聞いて上京する事になった。
羽田空港に姪と長男が車で待っていてくれた。空港で昼食後横須賀の病院まで送ってもらう。
病状も少し回復に向かっているようで一安心。
夜は銀座のインド料理屋さんでご馳走になる。カメラを持っていなかったので、写真がなく残念。初めての料理で満足。ご馳走様でした。
翌日、私が隅田川の川下りをしたいと要望していたので、妹ふたりが連れていてくれた。私はもう何もできなくてただ妹たちのしてくれるまま、荷物の番係りでした。
日の出桟橋から船に乗り途中下船、浜離宮散策。
日の出桟橋からスカイツリーを見る。横の建物が少し邪魔。
c0068639_1485824.gif

船の中からの景色
c0068639_14113872.gif

c0068639_14121162.gif

浜離宮公園にて
昔、将軍家の鷹狩の地だったそうだ。明治維新の後は皇室の離宮となり戦後東京都に下賜され現在の浜離宮公園となったそうです。素晴らしい松の木や庭園の風景にびっくりです。
c0068639_1426460.gif
c0068639_14263746.gif

c0068639_1427699.gif

東京駅に向かい夜のはとバスツアーへ
東京駅の広さに驚き。丸の内側から東京駅を撮る。写真4・5枚を重ねてパノラマにしてみた。
c0068639_14352739.gif

駅の中の天井を・・・
c0068639_14362418.gif

船の中から撮った東京タワーと夜のはとばすの中からの東京タワー。
c0068639_1438467.gif

バスの中から東京の夜景を・・・ぶれていますが・・・
c0068639_1441999.gif


台風の接近で翌日飛行機が飛ぶかどうか危ぶまれたので翌朝の早い便が3席空席が取れ予定を変更して早い便で帰宅することにした。ちょっと残念。
[PR]
by nobuyoko | 2013-10-25 14:42 | 国内旅行

式年遷宮の伊勢神宮へ

c0068639_14292251.gif

伊勢神宮にお参りに行こうと友人に誘われて、体調も徐々に回復しているし思い切って行くことにした。
門司港からフェリーで船往復、伊勢に1泊、3泊4日の旅である。
丁度、仲秋の名月の夜で、船からお月様を眺めたが、動いている船から写真は撮ることはできなかった。
翌朝、神戸港に到着、まず最初に信楽焼きの窯元へ。
狸の焼き物で有名な信楽の登り窯の見物。
c0068639_1449135.gif

c0068639_14493696.gif

c0068639_1450156.gif

今は狸ばかり焼いていも生活できないので、建築財なども作っているとおっしゃっていました。
伊勢神宮外宮参拝  外宮
c0068639_1535832.gif
c0068639_1544314.gif

外宮せんぐう館のほとり、まがたま池
c0068639_1553334.gif

夕刻夫婦岩へ
c0068639_151406.gif

ホテルの窓から真珠の養殖いかだを見る
c0068639_15142110.gif

翌日内宮へ 天照大神がお祭りされている内宮へ 
20年ごとの神うつしが行われる式年遷宮(内宮10月2日・外宮10月5日)を前にまだ社宮の建て替え工事が行われていた。とにかく人の波で、撮影禁止の場所もあって思うように写真は撮れない。
c0068639_15301499.gif

c0068639_15305168.gif

c0068639_15313668.gif

人の波とお互いに写真を撮ったりしているので途中ではぐれてしまい、不安に思いながら昼食場所でやっと会う事が出来た。伊勢名物こねリ寿司(名前は定かではない?)と伊勢うどんの昼食の後、内宮前のおかげ横丁へ。ここも人の波で、みなさん美味しい食を求めてどこのお店の前も並んで待っている。
このおかげ横丁のまちなみは統一されているようで屋根が美しい。
c0068639_1544757.gif

c0068639_15443977.gif

翌朝日の出を見るべく船外に出てみたがこのような写真しか撮れなかった。
c0068639_15502726.gif

[PR]
by nobuyoko | 2013-09-29 15:52 | 国内旅行
c0068639_10305634.gif

ホテルを9時過ぎ出発。東広島にいる孫に会いに行くつもりだったのが、孫の都合で急遽行先変更。尾道に来たがっていた孫にも日程の都合で会えず、宮島往きに変更。
宮島には、もう、かれこれ25年くらい前に行って以来だ。今、平清盛ブームで老若男女、幼児から年配の方まで大勢の参拝客だ。
福山から広島まで新幹線、広島駅でJR山陽線に乗り換え宮島口まで30分あまり、電車も混んでいて立ち通し。宮島口から5分ほど歩くと宮島への渡船場。

福山駅前から福山城を望む。
c0068639_10503941.jpg

船上から宮島渡船場を見る。
c0068639_1053128.jpg

c0068639_10572351.jpg

c0068639_10575129.jpg

きつい日差しのなか、入場料300円也を払って本殿の方へ。
先ず最初にトレードマークの大鳥居。
c0068639_1124540.jpg

鳥居の周辺で数多くのボート(カヌー?)が集まっていた。
c0068639_114566.jpg

鹿もあちこちに遊んでいたが、私の持っていたパンフレットを引きちぎって食べたのには驚いた。鹿も紙を食べるんだ。
c0068639_11113766.jpg

回廊から・・・
c0068639_11125656.jpg

c0068639_11132175.jpg

この橋は渡れないようになっていた。
c0068639_111409.jpg

回廊の天井の美しさに見とれる。
c0068639_11152154.jpg

ひと際古びた感じの能楽堂。清盛もここで能を堪能したのだろうか。
c0068639_12144955.jpg



宮島はもみじ饅頭としゃもじは有名だがアナゴもその一つだそうだ。至る所で牡蠣やアナゴのちくわなど焼いている。
アナゴちくわとかき氷を食べて宮島を後にする。

せっかく来た広島。広島のお好み焼きを食べていこうと、妹の旦那さんがことづけてくれた広島のパンフレットが役に立ち、駅続きのデパートに美味しいお好み焼き屋さんがあるのを確認して、そこに立ち寄る。
午後3時の昼食か夕食かわからないような時間帯だったが、多くの人が並んで順番を待っている。
多分地元だったら並ばないであろうが、”ここは広島”並んで待つことにした。
5・6人の人が焼いている。ボリュウムたっぷり。妹は蕎麦入り、私は蕎麦なし。

広島駅ではJRと新幹線乗り場で少々戸惑ったが無事別府へ。
この三日間楽しい思い出を作ってくれた息子と頼りになった妹へ感謝。
[PR]
by nobuyoko | 2012-08-23 11:56 | 国内旅行
c0068639_11333710.gif

9時ころホテル出発。楽しみにしていたしまなみ海道へ。大島・伯方島・大三島・生口島・因島・向島・の6つの島に7本の橋が架かっている。
大島・伯方島・大三島まで愛媛県今治市、生口島・因島・向島の三つの島は広島県尾道市、こんな事も旅して初めて知った。周辺の小さな島々はどの県に属しているのかはわからない。80年近く生きてきて日本のことも知らないことばかり。ショック

今治から大島へ。来島海峡大橋を渡る。伯方島は伯方の塩の産地だそうだ。
c0068639_11473091.jpg

c0068639_11555410.jpg

因島ではインターから下りて長い遊歩道を歩く。珍しい花があったり島々の美しい景色を見る事が出来た。少々歩き疲れた。
c0068639_1252776.jpg
c0068639_125423.jpg

7本目の橋は渡らず、向島から渡船で本土に渡る。小さな船だが車ごと乗ることができる。4・5分乗るだけだが渡船料が安いのにびっくり。

尾道は海からすぐ山へとなっていて、平地が少ない。海から近いところに長~いアーケードの商店街があり、わりに人通りも多かった。
此処もよく歩いたな~~
尾道はお寺さんの多い町だ。ケーブルカーに乗り、千光寺公園へ。ケーブルからお寺の屋根があちこちに見える。せっかく登ったのだから、千光寺にお参りしようと歩き出したが、なんと階段が次から次へ。登りが気になったが、引き返すのも悔しくて本殿まで歩く。帰りは何段あるのか、妹が数えていた。なだらかな段々だが250段あった。
千光寺から見た街並みと尾道水道?。遠くに新尾道大橋が見える。
c0068639_12385957.jpg
c0068639_12392092.jpg

c0068639_1245116.jpg

c0068639_12454275.jpg


ワッフルのおいしい喫茶店で休憩。福山へ向かう。今夜の宿泊はレジャー施設のあるホテル。昨夜とはガラっと雰囲気が変わって庶民的。温泉につかりサウナを堪能し、マッサージ(ケチって器械)をし夕食。夕食はそれぞれ好みのものを注文、お魚も新しく、おいしい夕食でした。
ここで、息子とはグッバイです。2日間いろんな所を案内してもらって、おいしいものを食べさせてもらって、さんざん散財させました。本当にありがとう。
[PR]
by nobuyoko | 2012-08-22 13:06 | 国内旅行
c0068639_20183147.gif

8月17日・夏休みで帰省していた息子の帰宅にあわせ尾道に同行する。車で帰って来ていたので、しまなみ海道を見物したくて・・・・・・
9時45分別府観光港発 宇和島運輸フェリーで八幡浜へ。2時間半の乗船は、外の景色に見とれている間に到着。

船から後方を見ると別府の街が小さく見える。
c0068639_20335283.jpg

高崎山も見る方向が違うと違った形に見える。
c0068639_2036156.jpg

多分佐賀関方面の工場だろうか?
c0068639_20361475.jpg

三崎の突端が見えてきました。風車も見えます。
c0068639_20414571.jpg

灯台が見えてきました。
c0068639_20434118.jpg

息子は佐賀関発~三崎港のルートで風力発電の風車群を見せたかったようですが、フェリーの予約がとれず、別府発・八幡浜のルートにしたのですが、船から見る風力発電の風車は素晴らしい風景でした。
c0068639_20551562.jpg

c0068639_205549100.jpg

八幡浜に到着すると、”今から佐多岬の方へひきかえす。その場所からは右と左の両方の海が見えるから”と伊方原発のある伊方町の瀬戸農業公園へ・・・・・・・・昼食は此処でシラス丼の定食。とてもおいしかった。
同じ場所から北方向の瀬戸内海方面を見る。
c0068639_2116198.jpg

南方向の豊後水道方面を見る
c0068639_21174087.jpg

松山市街  松山城を見つけたかったがよくわからなかった。
c0068639_21223631.jpg


今治のホテルに到着。ツアーと違って、久しぶりのゆったりとした美しいホテルだった。
ホテルの中庭。
c0068639_2134722.jpg

夕食は和風にしたが、朝食は洋食にする。テーブルのそばでシェフがハムを切ってくれたり、種類の異なったみかんで生ジュースを絞ってくれたり、気分は上々。
食事の写真がないのが残念。
今治はタオルの産地。今治タオルで作ったふかふかのパジャマは気持ちよかった。
[PR]
by nobuyoko | 2012-08-21 21:46 | 国内旅行
3月22日から一泊で秋月城址から美奈宜の杜の湯温泉にくつろぎの旅へ・・・・・・・
秋月黒田藩城址を散策、桜にはちょっと早かったのですが、桜の時期にはさぞかし美しい通りだろうと思いながら桜の通りを1枚
c0068639_22515345.jpg

城址あとに梅の花が咲き誇っていました
c0068639_2257567.jpg


秋月城址を後に、朝倉市の美奈宜温泉、杜の湯へ
c0068639_2375373.jpg


お部屋は離れで、大きな内湯もあり、夜の食事はお部屋食でゆっくりくつろぎました
食事も珍しいお料理でした
c0068639_23125338.jpg

離れのお部屋
c0068639_23152222.jpg

c0068639_23154237.jpg

朝食は囲炉裏のそばで
c0068639_23213146.jpg


帰りは大山の梅まつりへ
c0068639_23255215.jpg

時々小雨も降っていましたが、充実した2日間でした。運転していただいた方、本当にお疲れ様でした。
[PR]
by nobuyoko | 2012-04-05 23:31 | 国内旅行

紅葉を求めて

紅葉の見ごろも終わりかけたころ、出かけるチャンスに恵まれ九重方面から瀬の本~黒川温泉へと1泊の旅、カメラと一緒にお供させてもらった。
カメラの腕前はさっぱりでしたが、何とか今年の紅葉を見ることが出来、とてもうれしかった。
c0068639_15485978.jpg


c0068639_15502547.jpg


c0068639_1551462.jpg


c0068639_15514747.jpg


c0068639_19373418.jpg


どのあたりで撮ったのか定かではありませんが、紅葉とは関係なく、昔ながらの白い格子塀の前に赤い実をつけた木の印象が素敵だったので1枚。
c0068639_16312773.jpg


カメラに収めることを忘れて残念でしたが、もう12・3年前黒川温泉に旅したとき、おいしいうどん屋さんを紹介されて食べた山菜うどんの味が忘れられず、もう一度は行ってみたいと常々思っていたお店に再び行くことが出来、おいしい山菜うどんを食し、大満足。

紅葉をアップしたのはよいが、雪景色のスキンとはチョット不釣り合いでした。
[PR]
by nobuyoko | 2011-11-25 16:14 | 国内旅行