心に残るいろいろな出来事


by nobuyoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

1月の花

2.3年前に植え替えた水仙、しばらく花をつけなかったが、去年頃から2輪ほどはなをが咲くようになった。
c0068639_16341620.jpg

プリムラ 白 12月はじめ頃から咲きだした。
c0068639_16353788.jpg

プリムラ 赤 1月になってから
c0068639_16364555.jpg

ゆきのした 今年は花が少ない。3.4株ほど花をつけている。
c0068639_16383777.jpg

万両 毎年落ちた実から彼方此方に芽を出している。
c0068639_1641398.jpg

35年ほど前に母が金持ちになるようにと植えてくれた”モチ”の木。今では2階の屋根を越えそうにまで大きくなった。金持ちになるどころか、根も随分張ってきて貧弱な家が倒れるのではと心配している。
c0068639_16472258.jpg

毎年一番に咲いていたピンクの椿が1月になって咲き始めた。
c0068639_16485435.jpg

c0068639_1695164.jpg

c0068639_16103875.jpg

暖冬のせいか、もはや梅の花が蕾をたくさんつけている。開き始めた花も・・・・
c0068639_1649291.jpg

[PR]
by nobuyoko | 2007-01-31 17:17 | 庭の花

OB会

1月28日
旧職場のOB会の新年会が催された。
c0068639_16243578.jpg

60代70代の人たちとは思えない若さいっぱいのフラダンス。
c0068639_16264350.jpg

[PR]
by nobuyoko | 2007-01-31 16:28 | 日々 つれづれ

幸稚子さんを想う

1月10日
夫の従姉に当たる幸稚子さんが亡くなったと突然の電話。享年81才。元気そのもの、そして何でもこなす方だったので、大変驚いた。それに私たちの仲人でもある。明11日お通夜、12日葬儀と聞き、明日北九州まで行くことにする。
幸子さんからはいろんなことをして頂いた。旅行も一緒に沢山行った。10日あまり寝込んだ突然の死。想い出はいっぱいだ。
オオガンジーの優しい布で作ってくださった帽子
c0068639_16221234.jpg

棉ローンで最初に作っていただいた帽子
c0068639_16225072.jpg

ビーズで指輪も沢山作ってくださったが、いつも指にはめていて糸が切れ、残すはこの2個だけ
c0068639_16233436.jpg

このようなものももう作ってはいただけない。
洋服も何着か作っていただいた。この帽子は私の一番のお気に入りだった。
お返しは何もしていない。心残りだ。


久しぶり車で北九州まで行った。高速道は久しく乗ってないので、少々心配だったが、案の定、日出ジャンクションで過ぎてしまい、湯布院まで行って引き返す。マァ逆走しなかったのでよしとしよう。

今年は年明けから、旅行した事もあるが、慌しい年初となった。久しぶりパソコンに向かう。
[PR]
by nobuyoko | 2007-01-14 16:37 | 日々 つれづれ

書道会の新年会

 1月7日   毎年、年初に県下の会員たちが集まって新年会が開催される。
この時は、しとやかに書を学んでいる時と違って、思い切りにぎやかに、いろんなかくし芸が披露される。
c0068639_15365869.jpg

男性有志による
c0068639_15382865.jpg

女性有志の踊り
c0068639_15394856.jpg

[PR]
by nobuyoko | 2007-01-14 15:40 | 日々 つれづれ

新年は千葉で・・・

1月1日9:00発にて羽田へ
長男夫婦、次男、孫たちの出迎えを受ける。
長男が設計を担当したと言う都内のホテルの43階にて昼食。久しぶりの家族団らん。
昼食後、孫たちを送り、長男の千葉の家へ。1日目はあっという間に過ぎる。

大分空港に車で行く途中、初日の出を拝む。
日出を過ぎ、杵築の手前、気になりながら丘の途切れたところで停車。ちょっと日の出のタイミングがずれたが、何とかデジカメに収めることが出来た。
c0068639_1438652.jpg

c0068639_1338671.jpg


翌2日お昼頃から、嫁の実家で新年会。
久しぶりに、小学生なども集まってトランプなどして遊ぶ。夕刻からすぐ近くのショッピングセンターへ出かける。最近出来たと聞くが、映画館なども5・6館あるそうで大きなショッピングセンターである。ここに住みたくなった。

c0068639_13482620.jpg


翌1月3日 11時前から車2台に分乗して成田山参拝に出かける。
c0068639_20493388.jpg

c0068639_13525531.jpg

厄年の方がいるのでここで厄除けの祈願を一緒に受ける。
c0068639_1950492.jpg

c0068639_13555283.jpg

昼食後、14時過ぎから横須賀の弟の家へ長男の車で送ってもらう。
初めて、話に聞いていた千葉と横浜を結ぶアクアライン(木更津金田1C~浮島IC)を渡る。
途中、海の中に浮かぶ海ほたるで遊ぶ。16時を過ぎていたのと東京湾の海の真ん中の上と言うこともあってすごく寒い。
海ほたるから千葉方向を見る。
c0068639_14115626.jpg

海ほたるから横浜方面を見る
c0068639_14133513.jpg

c0068639_14145321.jpg

c0068639_1421595.jpg

c0068639_14214136.jpg

ここで日が暮れてしまった・

1月4日 城ヶ島へ
城ヶ島へ行く途中横須賀のペリー記念館に立ち寄る。
1853年4隻の黒船が浦賀に入港し2世紀に渡って鎖国をつずけていた日本にペリー提督が当時のアメリカ大統領の親書を持って来航。これを機に鎖国から開国への幕開けとなった。
この前方は東京湾が開け天気も良くておだやかな景色が広がっていた。
c0068639_14253248.jpg

c0068639_1426974.jpg

ペリー記念館の内部
c0068639_14263864.jpg

城ヶ島公園 ここは水仙の花がいっぱい。
c0068639_14435996.jpg

赤羽海岸の断崖。ここは約2000羽に及ぶウミウが越冬するところ。
c0068639_14501297.jpg

公園内に何の花か?赤い花が咲いていた。
c0068639_14513942.jpg

海風により松ノ木は同じ方向に向けて立っている。
c0068639_14544611.jpg

城ヶ島の港。佐賀の呼子の港に似ていた。
c0068639_14563894.jpg

城ヶ島公園の展望台から陸地の方を見る。
c0068639_1458538.jpg

翌朝、マンションのベランダから富士山が見えた。少し霞んであまり良く撮れない。
c0068639_1504549.jpg

昼食はみさきでお鮨をいただく。
夜は市内の蟹料理店で新鮮な蟹料理をご馳走になる。蟹刺し、蟹ステーキ、ほかもろもろ・・・
5日午後の飛行機で故郷、別府へ。あっという間の5日間だった。そして充実した5日間でした。
[PR]
by nobuyoko | 2007-01-14 14:18 | 国内旅行